スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を守れ! 通学路に監視カメラ導入決定

防犯グッズを下見しに週末は綿半へ行ってきます。

最近は子供やお年寄りが被害に遭う痛ましい犯罪が増えています。
あきらかな弱者いじめであり、治安大国の日本としては看過できない状況です。

このような昨今の治安事情に対し、警察庁は25日、
子供を狙う犯罪を阻止するために、東京都、大阪府、福岡県などの
全国14都府県の15地区において、
通学路に防犯カメラを合計375台設置することを発表しました。

モデル事業という名目であり、効果のほどを見てから、
あらためて全国へ普及させる意図があるようです。

管理自体は、民間ボランディア団体に一任するようで、
来年1月から運用を開始することが決定しました。

現在のところ、全国10都府県42か所の繁華街などに計363台の防犯カメラ
を運用していますが、通学路に適用するのは今回が初めての試みです。

選ばれたモデル地区は、次の通りです。
宮城県東松島市/栃木県小山市/埼玉県戸田市/東京都東大和市/東京都武蔵村山市
静岡県藤枝市/滋賀県大津市/大阪府寝屋川市/兵庫県姫路市/和歌山県岩出市
岡山県岡山市/広島県広島市/徳島県徳島市/福岡県福岡市/鹿児島県奄美市

1地区あたり、通学路や公園のそばの電柱にカメラを設置し、
その付近には「防犯カメラ作動中」と表示することのなっています。

監視モニターは公民館などに置かれる予定で、民間ボランティア団体のメンバーが
朝夕の通学時間帯に映像をチェックして不審者などを発見した場合は警察に通報
します。

民家の玄関先などが映ってしまうときは、
モザイク処理するなどしてプライバシー保護をしていくようです。
録画映像は一定期間保存され、捜査で必要な場合のみ警察も閲覧できます。

監視カメラ大国といえばイギリスです。ロンドンを中心に監視カメラが設置され
その数は400万台以上です。犯罪発生率が減少し、テロを阻止した功績も
あります。
この効果は世界中で注目されており、アメリカも導入するための検討を始めているそうです。

たしかに防犯効果の高い監視カメラですが、
プライバシーを侵害される可能性も否定できません。
日本が今後どのような方向に進むのか。

官民一体となった議論が必要ですね。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090625-00000375-yom-soci
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

またも未成年者逮捕!線路に男性突き落とし傷害容疑で逮捕

日暮里駅でスポーツ新聞を買うのが日課になってます。

男性を線路に突き落としたとして18歳のアルバイトの少年が逮捕されました。

事件が起こったのは、東京都杉並区にあるJR荻窪駅駅の中央線ホーム。
容疑者の少年と無職の男性(44)が口論となり、
線路に突き落とされた男性は肋骨を折る全治1ヶ月の重傷を負いました。

非常停止ボタンが押されて男性はホームに引き上げられましたが、
その2分後には電車がホームに入ってくる予定だったということですから、
間一髪といってもよいでしょう。

少年は容疑を認めているのですが、
一緒にいた10代の少女が男性に絡まれたため、と供述しているそうです。

事実、少女の腕には掴まれた跡が残っていました。
跡が残るほど強く掴んでいた、ということを意味しているのかもしれません。

被害者の男性も少女の腕をつかんだことは認めていますが、

「少女から絡んできた。」

と話しているそうです。
しかし、男性は事件当時、酒に酔っていたということで、
どちらの意見が正しいのか、現在も捜査中とのこと。

やったことを鑑みれば、少年が悪いのは明らかです。
男性が電車に轢かれてたいたら殺意のある・なしに関わらず、殺人事件となります。

しかし、口論していたところを誰も止めなかったのはなぜでしょう。
それだけ騒いでいれば、駅員だって気がついたはずです。

少年がやったことはあきらかに行き過ぎた行為です。
それを見て見ぬふりをしていた大人たちにも責任があるのではないでしょうか。

昨今の少年犯罪の凶悪化が叫ばれていますが、だからこそ大人たちがしっかりと
指導してあげるべきではないかと感じます。

いろいろと考えさせられる事件です。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090615-00000525-san-soci

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

オタマジャクシや小魚が降ってきた!

丈夫な傘を用意してほうがいいかも。大丸へ買いに行ってきます。

大リーグのニューヨーク・ヤンキースで活躍する松井秀喜選手(34)の故郷でもある
石川県の七尾市と白山市で、空からオタマジャクシや魚が降ってくる、という謎の出来事
が発生しています。

4日のこと。七尾市中島市民センター駐車場で「ボタボタ」という音に振り返った男性が
車の上や地面にオタマジャクシが散らばっているのを発見。
同センター職員の舟倉究さんの話では、約200平方メートルの範囲に
体長2~3センチのオタマジャクシが約100匹もいたそうです。

10日には、石川県中能登町に住む近江幸雄さん(78)宅の納屋の近くや車の荷台に、
フナとみられる体長2~3センチの小魚約10匹の死骸を発見。

「近くにそれらしい川もないのになぜ!?」

と首をかしげる近江さん一家。

石川県内では6月に入ってから、この不思議な現象が相次いでおり、
地元の方々も首をかしげるばかりとか。

一説によりますと、サギやウミネコなどの鳥が、口や食道にオタマジャクシを含んで
飛行中、何かに驚いて吐き出した、といわれています。
現場周辺にはオタマジャクシが泳ぐ水田もあり、繁殖期を迎えた鳥がひなに餌を
運んでいた可能性があるというのです。

空から生き物が降ってくるというのは、日本だけなく、世界中で報告されています。
古くは紀元1世紀、古代ローマの政治家だったプリニウスも魚とカエルが降って来た
という記録を残しています。

原因はいろいろありますが、竜巻がオタマジャクシや小魚を巻き上げて運んでくる、
という説が有力のようです。
しかし、金沢地方気象台の発表では、オタマジャクシや小魚が降ってきた日に
竜巻発生の情報はないそうです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000383-yom-sci

テーマ : え!本当!?
ジャンル : ニュース

ひったくり犯はなんと警官だった!

週末は防犯ブザーの下見にカインズホームへ行ってこようと思います。

お年寄りから財布をひったくる情け容赦のない犯人。
捕まってみれば現職の警官だったことがわかりました。

岡山市内の無職女性(75)から現金約1万円が入った財布をひったくったとして、
岡山県警岡山中央署は、愛媛県警松山南署刑事一課巡査部長、野村尚史容疑者(29)を
窃盗容疑で現行犯逮捕した。

野村容疑者は、4日午後7時50分ごろ、岡山市中区森下町の路上を歩いていた
75歳の女性の背後から近づき、女性が胸に抱えていた財布(現金1万740円、
クレジットカードなど)を奪った疑いがもたれています。

女性があげた「どろぼう!」の悲鳴を聞きつけた下校途中の高校3年生と1年生の
男子生徒が、自転車で野村容疑者を約250メートル追跡。
挟み撃ちにして捕まえました。

高校生らは「何しよんなら」と詰め寄ると、野村容疑者は「もう逃げん、逃げん」
と財布を差し出したということで、駆け付けた警察官に逮捕されました。

事件を受けた愛媛県警の大塚泰博警務部長はコメントを発表。

「極めて遺憾な事件。被害者及び関係者に深くおわびします。
捜査状況を踏まえ厳正に対処したい。」

それにしても不祥事が多い昨今の警察。
5月31日には山形県で警部補が酒気帯び運転で逮捕。

同月29日には速度取り締まりの検問を突破しようとして警官を負傷させた
埼玉県警川越署の地域課巡査長など、
責任感が欠如しているとか思えない事件が続いています。

安全な国として世界中から称賛されている日本ですが、
切磋琢磨と責任感を忘れずに市民の安全を守ってほしいと心から願います。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000002-mai-soci

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

郵便不正、大阪地検が厚労省を捜索

切手を買うために中央郵便局へ行ってきました。

政界を巻き込む大騒動になっている郵便不正による偽公文書作成事件。

今日、大阪地検特捜部は、逮捕した同省の障害保健福祉部企画課・
施設管理室予算係長、上村勉容疑者(39)らの容疑を裏付けるため、
東京の霞が関にある厚労省の捜索に着手しました。

この事件は、障害者団体向けの割引郵便制度を悪用した郵便法違反です。

郵便事業会社(日本郵便)側が制度の適用要件を満たしていないのを認識しながら、
違法ダイレクトメールの発送を了承した疑いが強まったため、大阪地検特捜部は19日
同法違反容疑で新大阪支店(大阪市此花区)の支店長を取り調べ開始。

上村容疑者がニセの稟議書を交付したといわれる自称障害者団体「凛の会」(解散)
においても本物とよく似た課長印のある偽の障害者団体証明書の存在が浮上しており、
上村容疑者は調べに対して「証明書の偽造にも関与した」と供述しているようです。

今回の事件をかんがみ、鳩山邦夫総務相の記者会見は次のように述べました。
「国民におわびのしようもないほどひどい話だ。大変強い憤りを感じ、監督責任を
痛感している」。

相変わらずのらりくらりとした対応ですね。
痛感するのはさておき、再発防止にどのような策を用いるのか、
そういったことを国民に発表するべきではないでしょうか。

郵便事業は、国の基幹を担う重要なポジションにあるはず。
民営化したからといって、そのあたりがおざなりになるのはいかがなものでしょう。
今後の展開に注目していきたい事件です。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000241-yom-soci

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理人

リンク
ブックマーク&RSS登録
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
SEOツール
  • seo
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。