スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲目の日本人ピアニスト、米大会で優勝

久しぶりにクラシックを聴きたくなったのでファイブスターでレンタルしてきました。

8日(米国時間7日)、アメリカの米テキサス州フォートワースで開催された
第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、
盲目の日本人ピアニスト、辻井伸行さん(20)が見事に優勝を果たしました。

同コンクールで日本人が優勝したのは初めのこと。
しかも盲目というハンデキャップをものともしない見事な演奏で、
観衆に魅了したということです。

日本時間の5月31日深夜、12名が参加したセミ・ファイナルを勝ち抜いて、
ファイナルに進出した6名が発表され、
3番目に辻井さんの名前が呼ばれると、
会場からは大きな拍手と歓声が起こったそうです。

4日から始まったファイナルでは、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番」や、
難解で知られるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を演奏しました。

全盲の方が有名な音楽コンクールに挑戦すること自体が大変なことのようで、
さらに優勝するともなれば、至難の技。

演奏技術はもとより、辻井さんのピアノのかける情熱が、
他の演奏者を圧倒していたことを意味しているのでしょう。

辻井さんは生まれつきの全盲でしたが、
1995年に7歳にして全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。
2000年には12歳にしてサントリーホール小ホールにて第1回ソロ・リサイタルを開催。
以降も精力的に活動しています。

ちなみにバン・クライバーン国際ピアノコンクールは、
1962年より4年ごとに開催されている由緒あるコンクールです。

優勝者には、賞金2万ドルのほか、3年間のツアー契約もついているそうです。
今後は過酷なスケジュールが付いてまわりそうですが、
辻井さんの情熱があれば、歴史に名を残す名ピアニストとなってくれることでしょう。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000019-mai-soci
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理人

リンク
ブックマーク&RSS登録
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
SEOツール
  • seo
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。