スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンラディがパキスタンに潜伏か?警戒強めるアメリカ

コーヒーを切らしたので、ampmで買ってきました。

アメリカ同時多発テロに端を発する全世界VSテロリズムの戦争は、
新たな局面を迎えようとしているようです。

CIA(アメリカ中央情報局)のパネッタ長官は現地時間11日、マスコミに対して、
国際テロ組織アルカイダの最高指導者であるオサマ・ビンラディン容疑者が
パキスタンに潜伏している可能性が大きい、という見解を示しました。

パネッタ長官は、

「現地で多くの情報協力者を得ている」

と述べ、ビンラティン容疑者の身柄拘束にむけての態勢を強化していると明らかにしました。

「パキスタン軍が我々の活動と連携が取れれば、チャンスは増すだろう。」

パキスタンでの捜索を強めることで、アルカイダの活動を刺激して、
組織が活動拠点をイエメンやソマリアなどに移動し、反抗に出る危険性が強まる、と
警戒をうながしています。

おとといも書きましたが、パキスタンでは5つ星の「パールコンチネンタルホテル」で
トラックによる自爆テロで多数の死傷者が出たばかり。
ビンラディン容疑者捜査網が強くなればなるほど、世界各地でテロ行為が発生すると
いう事態も考えれます。

ちょっと不安なのが、CIA長官の態度ですね。
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロのときもFBI(アメリカ連邦捜査局)
がテロの危険性を察知して各所に通達していたにもかかわらず、
CIAは真面目に受け取りませんでした。

アメリカ国内の治安を守る2大組織が連携をとれていないのにもかかわらず、
他国の軍隊と連携を取って作戦を成功させるのは可能なのでしょうか。
続報を待ちたいと思います。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000032-jij-int
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理人

リンク
ブックマーク&RSS登録
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
SEOツール
  • seo
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。