スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本サッカー代表、W杯最終予選で1位通過ならず

ミサンガを買いに駅前の雑貨屋に行ってきます。

2010年に南アフリカ共和国で開催される第19回FIFAワールドカップサッカーの
アジア地区最終予選が行われました。

すでにワールドカップ出場を決めている日本ですが、
どうせならば1位で予選通過したいところ。
A組2位日本は、1位オーストリアとの大一番です。

場所は、オーストラリアのメルボルン・クリケット・スタジアム。
気温8度という寒さの中、69,238人の観衆が集まりました。

先制したのは日本でした。
前半40分に中村憲剛選手(28)の左コーナーキックを田中マルクス闘莉王選手(28)
がヘディングシュート。
見事にゴールネットを揺らせ、1点先制と幸先良いスタートです。

しかし、後半に入るとオースラリア勢の猛攻にさらされ、
14分にはケーヒル選手(29)に同点ゴール。
31分には、再びケーヒル選手にゴールを割られ、おしくも逆転負けを喫してしまいました。

日本サッカーといえば、ライバルとして韓国の名前が挙がりますが、
実はオーストラリアもライバルとして君臨しています。

これまでの対戦成績は17戦5勝6分7敗と負け越し。
日本代表チームも本大会で借りを返すべく、これからの練習に励むことでしょう。

これで日本の最終予選はすべて終わり、8戦4勝3分け1敗という結果となりました。

ワールドカップがらみでもう1つのビッグニュース。
アジアB組のワールドカップ出場国が決まりました。韓国と北朝鮮です。
南北そろってワールドカップに出場するのは、史上初ということです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000026-mai-socc
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理人

リンク
ブックマーク&RSS登録
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
SEOツール
  • seo
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。