スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザの機内検疫中止の方針を打ち出した政府

マスクが品切れだったので、隣町まで買いに行ってきました。

22日、舛添要一厚労相は、新型インフルエンザが「弱毒性」であることを考慮し、
検疫に関する政府の運用指針を発表しました。

それによりますと感染の度合いに応じて地域を2段階に分けて、
その地域の実情によって柔軟な対応を取るようにする、ということです。

ここでいう2段階とは、
「感染者の発生が少ない地域(初期地域)」と
「急速な患者数の増加が見られる地域(増加地域)」を指します。

この方針を実際に運営するのは、
「現場で判断してもらいたい」ということですから、
政府の弱腰といいますか、お気楽さが浮き彫りになった感じですね。

パンデミック(世界的感染)はたしかに恐ろしいことです。
もし、日本がそのような状態となれば、経済活動はマヒして、
我々の生活は立ちいかなくなるでしょう。

だからこそ、政府が強気の対応で「これをしてはダメ。これはしなさい」という
明確な方針を現場に徹底させるべきです。

たしかに現場では、検疫のために設備や、人員が不足しており、パンク状態です。
しかし、あいまいな方針を打ち出すだけでは、
現場を混乱させるだけではないでしょうか?

なによりも不愉快なのは、ここぞとばかりに目立ちたがる舛添要一厚労相。
評論家時代から押しが強いことで知られている舛添厚労相ですが、
さまざまな場に顔を出して、しかめ面をさらしては、パニックを助長するようなもの。

国民は、舛添厚労相を見たいわけではないのですからね。
そのあたりをもう少し自覚してほしいものです。

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000021-mai-pol
スポンサーサイト

テーマ : 新型インフルエンザ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。 また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube)の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。
詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理人

リンク
ブックマーク&RSS登録
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング
SEOツール
  • seo
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。